長尾工業の強み

加熱ローラー

加熱ローラー

加熱用ローラ―サンプル

◆用 途◆
・リライトペーパーの消去用
・再転写プリンターのフィルムの熱圧着用
・熱によるフィルムのラミネート用等加熱が必要とされるもの

加熱用ローラーの特徴

① 無電極で集電機構が不要。

ヒーターと回転ローラーが独立、給電はリード線に接続するだけ。

 

② 送紙機構と共通化して消去できる。

プラテンローラーと組み合わせ、従動機構にすることで加熱と同時に送紙ができる。

 

③ 媒体の厚さを選ばない、ギャップ調整不要

従動機構を遊動式にすることで、媒体の厚さに関係なく加熱、送紙ができる。

 

④ 媒体正面優しく熱転移性が良い、特殊ゴム

加熱回転ローラー表面は専用に開発した高熱伝導の特殊耐熱ゴムを成形仕上げ。

用途に応じて最適なゴムを開発、製作致します。

 

⑤ 電源

DC24V対応からAC100V対応まで、装置に合わせた仕様で対応いたします。

 

⑥ 熱量

装置搭載の電源容量に制限されますが、温度の立上がりを早くするには大きな電源容量を必要とします。

 

⑦ 温度分布

A4サイズで有効幅内 ≒ ±5℃は可能ですが、仕様により異なりますのでご相談ください。タグサイズからA4サイズまで各種、装置に合わせて対応いたします。

データ

*有効幅98mmの温度分布実績

加熱ヒータ

タグサイズ~A4サイズまで製作可能です。

⑧ 素早い温度上昇(*1)

特殊構造により、熱源から加熱回転ローラー部への熱伝導効率をアップ!!

 

⑨ 安定した温度分布

加熱ローラー専用に設計開発したヒーター構造により、有効範囲内で安定した温度分布を実現します。

性能比較

  消去バー サーマルヘッド 加熱用ローラー
組立調整 ギャップ調整難 調整 難 容易
スペース 専用スペース 印字と共用 送紙機構と兼用可
温度立上がり 高速 高速 中速
温度分布 大(制御不可) 安定 安定
消費電流 瞬間的に大容量 中(*2)
用紙サイズ対応 カンバンサイズ 印字用紙サイズ 任意に対応可
用紙厚さ対応 調整サイズのみ 混合通紙可
加熱速度 調整ギャップによる 印字速度に影響 高速対応可

*1 供給される電力量によります。(定着ローラ―等と比較した場合)
*2 消費電流を押さえると温度の立ち上がり特性が低下します。

12.サイズ    

・媒体サイズにより、各種対応できます。(タグサイズ~A4サイズ)   

・消去回転ローラー外径は標準(φ16.2mm)としてありますが専用設計も可能です。  

・長さは、消去有効幅に対し両サイド、約13mm長くなります。(有効幅により異なります)  

 

13. 電気容量  

・希望の温度立上り、熱回復力などにより異なりますが、100W~500W位を目安としてください。   

・小容量にも対応できますが、温度立上り、熱回復力が制限されます。

  

14. 温度制御   

・加熱ローラー単品でのご要望の場合は、原則的にお客さまにて制御していただきます。   

・安定した制御を行うために、温度検知を行いクローズループでの制御を行って下さい。   

・消去の性能は、温度制御方法に大きく左右されますので消去に関してトータルに対応させて頂きます。

 

15. 加 熱    

・媒体への加熱は、媒体の種類、加熱ローラーと対になるプラテンローラーとのニップ幅、装置構成による温度の動特性など、様々な要因に影響されます。

・装置の構想時点からご相談いただき、構想設計させていただくことが成功への早道です。

特徴
◆特 徴◆◆

・立上り:30~200℃まで60~90sec。(400W~150W程度)

・設計に自由度が生まれ、ユニットを小型化できます。

・ご要求仕様をお聞かせください。当社で設計いたします!

加熱ローラー、温度制御、プラテン、送紙ローラー、等
ユニットも含めた総合的な設計製作も行いますのでお問い合わせください。

・タグサイズからA4サイズまで対応可能

・大きさも厚さも多様化